2台のHDMIケーブルを1セットのHDMIディスプレイで使うには~KVMスイッチの逆ver.

KVMスイッチの進化

複数のパソコンやサーバーを集中的に管理する事が多い昨今では、メンテナンスなどで動作を確認したり検証する場合には1台のキーボードやマウスを使用して複数のパソコンやサーバーの制御を切り替えて行うことが可能になると作業効率が非常に高くなります。又、その機能を利用する上でディスプレイを1台にすることがする事が出来ると非常に設置スペースが節約されるため、データセンターなどに収納する際には費用の節約にも貢献できる良い方法です。
この方法を実現するためには従来は機械的な切り替えスイッチを利用する事も少なくありませんでしたが、現在ではUSBやIPネットワークで制御し切り替えるタイプが増えています。又さらにディスプレイの接続が従来の物からHDMIが採用されるようになったことでその集約度が高くなったこともあり、誤動作を防ぐためにも機械式の切り替えスイッチは殆ど利用されず、USBやIPネットワークで制御し切り替えるタイプが主流になっている傾向が有ります。
この場合にはディスプレイと接続する側に1本を接続し、途中に切替機を設置して複数のパソコンやサーバーを接続し、キーボードとマウスを接続するのが一般的です。その上でキーボード上に割り当てられたキーを押下することで接続を切り替える仕組みとなっていることが多いのです。

USB-HDMI変換アダプターを利用する~KVMスイッチの逆ver.

最近ではディスプレイを接続する手段としてHDMIという規格に基づいた装置を使用しているものが非常に増えています。しかし全てのPCがHDMIの接続ができるという物ではなく、中にはHDMIポートを搭載していない車種も増えているためその接続を行うために使用する機器が有ります。これがUSBを用いたHDMI変換ケーブルで、効果的に利用する事で非常に便利に作業がはかどる場合も少なくありません。USBは近年の殆どのパソコンやサーバーに搭載されており、比較的簡単に接続できることも利用がしやすくなる大きな理由でもあります。
USBを用いたHDMI変換アダプターの特徴は、通常の切替器とは異なり音声情報も同時に伝送できる点にあります。その為、複数のディスプレイに同時に画面だけでなく音声情報を送り出力することも可能となる点に大きなメリットがあります。さらにUSBポートを利用するので複数のポートに同時に情報を送信することも可能となり、複数のディスプレイを効果的に利用出来るようになります。
また、USBは様々な機能をサポートしているのでその機能を利用して,HDMIの機能を存分に生かすことが出来るほかUSB背t図族のキーボードやマウスを効果的に利用出来るので、複数の切替器を使用しなくてもその制御を自由に行う事が出来るメリットもあります。

メーカーによるUSBとKVMスイッチの相性はある?

様々なメーカーからUSB接続タイプのキーボードやマウスなどの周辺機器が発売されており、これらをKVMスイッチに接続して、複数台のPCで共有を行い、コンソールからリモート接続でPCを管理したり、切り替えて使ったりという事が行えます。このメーカー毎に発売されているUSB接続タイプの周辺機器とKVMスイッチの相性は時々ありますので、KVMスイッチを導入する前に情報を収集しておいた方が良いでしょう。相性問題に関連する情報を収集しておく事で、KVMスイッチとの相性問題を避けてシステムの構築ができ、ユーザーのニーズに対応したシステム作りを行えます。
相性問題を起こさないようにするには、AC電源付きのKVMスイッチを購入するのが効果的です。KVMスイッチの中には、PCのUSBポートから電源を供給する物もありますが、環境を変える事で相性問題が起こる事があります。KVMスイッチに独立した電源があれば、安定して動作しやすくなります。また、ケーブルを交換する事で動作する可能性もあります。
電源付きのKVMスイッチとUSBポートから電源供給するKVMスイッチでは、電源付きのKVMスイッチの方が価格がやや高めとなっていますが、安定した環境作りをしたいのであれば効果的でしょう。