PS2ポートも対応しているものが良い理由

KVMスイッチはUSBとPS2の両対応がおすすめ

いつの間にか増えているサーバー群を、できるだけ少ない人員で効率的な管理を行いたいと考えている企業は決して少なくありません。

そんな場合に検討したい方法として挙げられるのが、サーバーをリモートで管理できる手段です。そうした手段の代表例が、KVMスイッチを利用する方法です。

しかし、一口にKVMスイッチと言っても、短距離や中距離のサポートに最適なアナログタイプもあれば、ネットワークをケーブルで繋ぐことによって長距離でのサポートを可能にするデジタルタイプなどがあります。
さらに、既にあるアナログタイプをLANあるいはWAN、インターネット経由でアクセスができるモデルなど、実に様々な種類があります。

一般的に、切替えたいCPUあるいはサーバー数や、使用中のプラットフォーム、使用しているパソコン画面の解像度などによってモデルが異なりますので、どういったシーンで活用したいのかを明確にして選んだ方が無難です。

KVMスイッチでおすすめなのは、USBとPS2の両方に対応しているタイプです。

このタイプを利用すれば、PS2およびUSBのインターフェース両方を使用できますから、利用できる周辺機器もその分だけ多くなるというメリットがあります。

マウスとキーボドを接続して快適にKVMスイッチで切り替え

キーボードとマウス、ディスプレイはそれぞれ1台ずつ揃えて、使用したいパソコンの本体を指一本で切り替えて選んで使うことを可能にするのが、KVMスイッチです。

マウスとキーボードをそれぞれに接続しておくことで、KVMスイッチで快適切り替えできるので、使い勝手が向上します。

通常、パソコンを操作する際にはたいていキーボードおよびマウスに手を置いて使うので、手切り替える方法として気軽に行えるのがキーボードでの切り替えです。
決まったキーを打つと切り替わる「ホットキー」と呼ばれる機能のことです。

ちなみに、KVMスイッチのキーボード上での切り替え方法には、特定のキーを2度押しする方法を採用しているものなど、そのスイッチによって色々なタイプがありますので、スイッチに応じた操作方法を実行していくことになります。

最もシンプルな方法としては、ファンクションキーと何かのキーを同時に押すといった方法ですが、この際には押す度に切り替わるものもあれば、押すと選択肢がいくつか表示されて、マウスやカーソルを使って選択するというタイプもありますので、その操作方法を覚えるだけで簡単に切り替えられます。