失敗しないディスプレイとキーボード接続について

KVMスイッチの延長ケーブルの選び方のポイントは?

会社のオフィスなどで複数のPCを設置したいけれどスペースが厳しいという問題がありまし、費用もかかります。

このような問題を解決してくれるのが、KVMスイッチです。KVMスイッチとは、keyboard、video、mouseの略のことで、キーボードとディスプレイ、マウスをセットしてKVMスイッチを経由してケーブルを各ハードウェアに接続すれば、複数台のPCを操作したり制御することが可能で最初からPCに搭載されている場合もあります。

PCの設置スペースと購入費用を削減できるメリットがあります。KVMスイッチを導入する場合に大切なのは、KVMスイッチ本体もそうですが延長ケーブルの選び方も重要です。

まず接続を使用としているキーボードやディスプレイのインターフェースを確認しましょう。

最近はUSBが主流ですが少し前はPS2の場合もありますので気をつけて下さい。次に大切なのはKVMケーブルの種類です。
デジタル方式とアナログ方式の2種類ありますので、KVMスイッチの型式も購入前に確認して下さい。

価格ですが、長さによって若干異なります。およそ4000~10000円が相場です。

ハードウェアからコンソール接続する際の注意点

続いてKVMケーブルをハードウェアからコンソール接続する場合の注意点を幾つか紹介します。

まずは先程も少し紹介しましたが、接続端子の種類を確認し必要ならアダプターを用意しましょう。
接続端子がUSBであってもUSB2.0と3.0では接続できても本来の能力を発揮できない場合もありますので気をつけて下さい。

次にご使用のPCやサーバーとキーボードやディスプレイをどのように接続するか事前にレイアウトをある程度決めておくことが大切です。
この時KVMスイッチに接続できるサーバーの最大数を確認しておきましょう。KVMスイッチによっては数に限りがある場合もあるので注意しましょう。
必要であればKVMスイッチを追加しましょう。

レイアウトが決まれば接続に使用するKVMケーブルの長さを確認しましょう。
中にはKVMスイッチとサーバーとの距離が長い場合もありますので、長めのKVMケーブルを購入しましょう。

今後レイアウトを変更することも想定して余裕のある長さのケーブルを用意することが大切です。
接続が完了すれば実際にキーボードとディスプレイでサーバーと接続して使用できるか確認しましょう。