リモート操作環境の構築

KVMスイッチをサーバ越しにリモート操作するには

KVMスイッチをサーバ越しにリモート操作していくには、コンソールやUSB接続機器、複数台のサーバーをKVMスイッチの各ポートに接続し、サーバールームの外にある管理者用のパソコンとKVMスイッチをL2スイッチで繋げる事で実現します。KVMスイッチは、KVM over IPという物を利用するのが適切です。安定した稼動を目指すのであれば、電源付きのKVM over IPを導入するのが良いでしょう。
KVM over IPを使って、リモート操作が可能になる環境を構築する事で、サーバールームを第三者が入る事が出来ないセキュアなシステム環境にする事ができ、サーバーの台数分だけケーブルをポートに繋げていく事で、KVMスイッチに接続されたコンソールなどを共有する事が出来ます。
このようなシステム作りを行う事で、大量のデータ処理を行う複数のサーバーを管理者だけで効率的に管理を行え、セキュリティ性が高いシステム作りを行えますので、業務活動に必要なコンピューティングを強力にサポートします。リモートデスクトップとは違って、KVM over IPは専用のソフトウェアを必要とせず、ハードウェアだけでリモート環境を作り上げる事が出来ますので、リモートデスクトップよりも安定した動作が期待出来ます。

KVMスイッチをリモートで操作する場合の管理について

KVMスイッチをリモートで操作し、システムの管理を行っていくには、IP経由でKVMスイッチを使った操作を確立する必要があります。KVM over IPは、その名の通り、マウスやキーボードを操作した時の動きをデータに変換して、IPネットワークを経由してサーバーに送信し、そのデータを信号に戻して伝えるという仕組みをサポートしてくれます。
KVMスイッチを使った複数台のサーバーのリモート操作を行う際には、KVMスイッチに複数台のサーバーを専用のケーブルで専用のポートに適切に接続しなければいけません。しかし、リモートデスクトップと比較して、管理する端末の数を安定的に増やしやすいというメリットがありますので、大量のデータ処理を行うデータセンターのような仕組みを構築する方法としては、KVMスイッチを使ったリモート管理は適切です。
セキュアなリモート管理ツールとして、KVM over IPは広く企業に採用されており、KVMスイッチを導入する事で、サーバーと操作端末を完全に切り離して、セキュリティ性能を向上させていく事が可能です。近年では、顧客の情報をサーバーで管理する企業がほとんどですので、情報漏えいを防ぐ為にも、KVMスイッチを使ったリモート管理は効果的です。