ipネットワークで利用する

サーバ越しにKVMスイッチを操作するには? IPによる接続可能なKVMスイッチ

IPネットワークを経由してKVMスイッチを操作するためには、リモートでサーバーにアクセスしそのサーバーからKVMスイッチを操作する方法が一般的です。この際にはサーバーとKVMスイッチをIPネットワークで接続し、さらにサーバーに対しリモートコンソールを接続する形になります。
この場合にはKVMスイッチはサーバー経由で操作されるためサーバー自身が起動していなければならない事や、サーバーとリモートコンソールが接続されていないと操作できないというデメリットがあります。
しかし最近ではKVMoverIPといわれるプロトコルを実装したKVMスイッチも広く利用されています。これはキーボードやマウスといったコンソールの信号をIPネットワーク上で送信する仕組みで、直接KVMスイッチをIPネットワークに接続できる点が大きなメリットになっています。この場合にはサーバーを経由せずに直接リモートコンソールで操作できることや、場合によっては電源ユニットを連携することで電源のオンオフまでリモートで操作できるといったものも存在しています。その為、これらを使用することで従来はシステム起動を現場で行わなければならなかった点を解消することが出来、効率的なシステム管理が可能になっています。

KVMスイッチをリモートで操作する!ポート接続はどうするの?

KVMスイッチをリモートで操作する際に注意しなければならないのがポート接続の方法です。複数台のサーバーを管理する際にはどのポートに接続するのかで管理効率や操作効率が大きく変わってくるので注意が必要になります。特に多くのシステムを同時に操作する必要がある場合には、ポート接続を意識して行わないと大きな問題を引き起こすことにもなりかねません。
一般的には最も操作の頻度が多いシステムを1番のポートに接続する事が多いものです。そこから順番に操作の頻度が高い順に割り振ると実際の操作の際に切り替える手間が少なくなります。
また、データセンタで利用する場合にはケーブルの制約も有る為、そのケーブルの引き回しを考慮してポートを選ぶ場合もあります。現地にPCが有る場合にはそのPC用のポートを開けておくことも重要です。
また、最近では仮想インタフェースを持ったKVMスイッチも存在します。これはリモート操作を行うPCに
USBメモリやハードディスクなどを装着することで仮想的にサーバーに接続されているように見えるためバックアップやファイル管理が容易になる方法です。この際には対象のポートが限定されることも有るので、KVMスイッチの機能を熟知してポートを選ぶことが大切です。