KVMスイッチのUSB接続の仕方

知人などから新しいパソコンだけ本体だけをもらった時などにもう一組のキーボード、マウス、ディスプレイを買わずに済む方法がKVMスイッチを使うという方法です。

一組のキーボード、マウスディスプレイで2代以上のパソコンをスイッチを切り替えながら操作することができるようになるのです。

パソコン自動切替器でありキーボードビデオマウスの頭文字をとった「KVM」を切り替えるスイッチなのです。かなり接続は難しそうに見えますが、それほど複雑ではありません。基本的にはパソコンとの間にパソコンやキーボードマウス、ディスプレイの間にそのKVMスイッチが入ると考えればよろしいのです。

USBキーボードとUSBマウスDVIディスプレイ対応の切替器などが一般的なので、それの接続の方法について考えてみれば良いでしょう。

まず切り替え器はキーボードとマウスはUSB接続なのでUSBのつなげられるものを選びましょう。KVMスイッチと2台のパソコンをUSBでつなぎます。

それから一組のキーボードとマウスをUSBでKVMにつなげばOK。これでKVMスイッチにある切り替えボタンを押すことで二台のPCに対してマウスやキーボードが使えるようになるのです。

DVI対応のKVMスイッチの接続方法

基本的にディスプレイポートは大体現在3種類のものがあり一つ目がDVI、HDMI、アナログのDサブ15ピンです。
これが市場のディスプレイで一番普及されているものですが、パソコン側の接続部分が切替器とディスプレイを接続するDVIケーブルはDVI-Dのタイプを用意することがまず最初にやることになります。

画質にこだわっていたりデジタルコンテンツを閲覧するような形はDVI接続の方がおすすめですし、HDMIの方がデジタルで素早く見ることができるでしょう。

ものによっては解像度が高くフルHDまで対応しているKVMスイッチなども販売されているのでお持ちのパソコンをディスプレイに合わせて選ぶと良いでしょう。
ブルーレイディスクのコンテンツは著作権保護が厳しく設定されているのでKVMスイッチを通したせいで映らなくなるようなこともあるので注意が必要です。

またKVMスイッチの切り替えをするために必ず切替器を手元に置いておく必要がない製品なども販売されています。
手元にあるのはキーボードとマウスなので、ものによっては「スクロールロックキー」の2度押しをすることで切り替えが手元で操作できるようなものも販売されているので、そちらも検討してみると良いでしょう。

また自分でホットキーを割り当てられるようなものがあるので、そうしたものにすると切り替えがスピーディーに行えてとても便利なのです。