KVMスイッチのUSB接続の仕方

知人などから新しいパソコンだけ本体だけをもらった時などにもう一組のキーボード、マウス、ディスプレイを買わずに済む方法がKVMスイッチを使うという方法です。

一組のキーボード、マウスディスプレイで2代以上のパソコンをスイッチを切り替えながら操作することができるようになるのです。

パソコン自動切替器でありキーボードビデオマウスの頭文字をとった「KVM」を切り替えるスイッチなのです。かなり接続は難しそうに見えますが、それほど複雑ではありません。基本的にはパソコンとの間にパソコンやキーボードマウス、ディスプレイの間にそのKVMスイッチが入ると考えればよろしいのです。

USBキーボードとUSBマウスDVIディスプレイ対応の切替器などが一般的なので、それの接続の方法について考えてみれば良いでしょう。

まず切り替え器はキーボードとマウスはUSB接続なのでUSBのつなげられるものを選びましょう。KVMスイッチと2台のパソコンをUSBでつなぎます。

それから一組のキーボードとマウスをUSBでKVMにつなげばOK。これでKVMスイッチにある切り替えボタンを押すことで二台のPCに対してマウスやキーボードが使えるようになるのです。

DVI対応のKVMスイッチの接続方法

基本的にディスプレイポートは大体現在3種類のものがあり一つ目がDVI、HDMI、アナログのDサブ15ピンです。
これが市場のディスプレイで一番普及されているものですが、パソコン側の接続部分が切替器とディスプレイを接続するDVIケーブルはDVI-Dのタイプを用意することがまず最初にやることになります。

画質にこだわっていたりデジタルコンテンツを閲覧するような形はDVI接続の方がおすすめですし、HDMIの方がデジタルで素早く見ることができるでしょう。

ものによっては解像度が高くフルHDまで対応しているKVMスイッチなども販売されているのでお持ちのパソコンをディスプレイに合わせて選ぶと良いでしょう。
ブルーレイディスクのコンテンツは著作権保護が厳しく設定されているのでKVMスイッチを通したせいで映らなくなるようなこともあるので注意が必要です。

またKVMスイッチの切り替えをするために必ず切替器を手元に置いておく必要がない製品なども販売されています。
手元にあるのはキーボードとマウスなので、ものによっては「スクロールロックキー」の2度押しをすることで切り替えが手元で操作できるようなものも販売されているので、そちらも検討してみると良いでしょう。

また自分でホットキーを割り当てられるようなものがあるので、そうしたものにすると切り替えがスピーディーに行えてとても便利なのです。

キーボードの切り替えに使用するKVMスイッチとは

KVMスイッチとは、1組のキーボード、モニタ、マウスをつかって複数のコンピュータを操作できるようにするため、あるいは2組以上のモニタやマウス、キーボードを用いて1台のコンピュータを複数の場所から操作可能にする目的で使用する機器で、日本では切替器と呼ばれることもあります。

KVMは、装置に接続する3つのハードウェアであるKeybord、Video、Mouseの各語の頭文字をとったものです。

KVMスイッチを導入することには、端末の接続に使う機器の調達コストの抑制や、使用する機器と配線の簡略化による省スペース化、操作する端末の切り替えを手元に行えるようになることによる作業効率の向上など、さまざまなメリットがあります。

今日では、KVMスイッチとして販売されている製品には様々な種類があります。
製品が世に出始めた当初はキーボードとマウスについてはPS/2接続、ディスプレイはアナログ接続に限られていましたが、今日ではUSBやDVIの規格に対応した製品が続々と発売されています。

中にはプリンターやUSBスピーカーとの共有も可能になっている製品もあり、KVMスイッチはより便利な機器となっています。

KVMスイッチでIPの異なるPCもネットワーク越しに操作可?

KVMスイッチの製品の中にはリモートアクセスの技術を応用し、離れた場所にある端末の操作を可能にできるものも存在します。
このリモートKVMスイッチには、大きく近距離リモート型とover IP対応型の2種類があり、後者を用いればネットワーク経由で遠隔地に設置されている端末を操作できるようになります。

over IP対応型のKVMスイッチを用いたリモートアクセスでは、キーボードやモニタ、マウスから発せされるアナログ信号をデジタルパケットに変換してから、ネットワーク経由で端末のある場所まで転送し、その後もとの信号に戻して端末に反映させます。

通常のネットワークの仕組みを用いることから、操作が反映されるまでに若干の時間がかかり、回線の混雑具合によってはかなり待たされることがあるのが欠点ですが、遠隔地にあるサーバーを管理したい場合には非常に便利です。

デジタルKVMスイッチとよく比較されるものにリモートデスクトップがあります。どちらもネットワーク経由で端末を操作可能にするための技術ですが、デジタルKVMスイッチはネットワークを構築するだけで利用可能な点と、BIOS設定などのOS起動前のプロセスの監視もできる点がリモートデスクトップとは異なります。

8ポート対応の使い勝手

8ポートUSB対応のKVMスイッチは買いなのか?

KVMスイッチは複数のコンピュータを1組のキーボードなどからコントロールする際に用いられます。

通常は1つのサーバーに1組のパソコンという形ですが、これなら複数のサーバーを1組のパソコンで操作できます。多くの人とパソコンを共有する場合や設備投資の節減、別のサーバーで仕事をするためにわざわざ移動を行う手間を省きます。
オフィスの有効活用をしたい人には8ポートUSB対応のKVMスイッチは買いです。

別の使い方としてはモニターを2台続けてそれを1つの画面として使うようなことも可能です。こうしたものをデュアルディスプレイと言います。またDVIに対応することで映像品質を最大限に上げることができます。
USBが使え、DVIインターフェースにも対応した8ポートのKVMスイッチはハードディスクドライブなどを接続詞、そこで映像を見せる際にもおすすめです。

8ポートもあればどのようなことにも使え、それだけバリエーションがあります。商品によっては一定の間隔で切り替えられるものもあるなど様々な場面で応用できます。
複数のサーバーを管理する人にとっては買っておいて損のないアイテムです。

富士通の8ポートKVMスイッチの価格は?

日本のメーカーで8ポートKVMスイッチを製造しているのが富士通です。アナログとデジタルで分かれていますがデジタルの場合、その価格は20万円以上します。
アナログになると半値程度になり、10万円程度で手に入れられます。富士通では8ポートだけでなく16ポートや32ポートのものも出ており、その中で一番少ないポート数が8ポートです。

HPの場合にはこれよりポート数が多くても富士通の価格よりは下回っており、値段だけを見ればかなり富士通が上です。また8ポートにこだわるのであれば他のメーカーも販売しており、1万円を切る値段で購入できるものもあります。
手っ取り早く購入するのであればこうしたところがいいですが、仕事で活用するケースや社内ネットワークを構築する際には富士通の商品でちゃんとしたものにしておくことがおすすめです。

値段は高いものの、それだけ手厚いサポートを受けられるだけでなくサーバーを含めてセッティングする際にはおすすめです。

国内のサーバー市場ではトップクラスである富士通のサーバーと8ポートに対応したKVMスイッチを活用することでより便利に利用することが可能です。

KVMスイッチ導入のススメ

KVMスイッチはマウスもスイッチでコントロール

複数のコンピューターを操作する場合にマウスやキーボードがコンピューターごとに存在すると操作を誤ってしまうことが少なくありません。

コンピューターごとにマウスやキーボードが存在するため操作性を考え1カ所にまとめてあったりすると誤ったものを操作してしまうことも多く、トラブルを招くことになります。
このようなときにはKVMスイッチを利用してコンソールをまとめてしまうと非常に便利です。

特にマウスは複数存在すると誤って違うものを動かしてしまったときにコンピューターの誤動作を招きやすく、大きなトラブルにつながってしまうことも多いものです。
この場合にKVMスイッチを利用すると1つのマウスをスイッチでコントロールして異なるコンピューターを操作することができるため操作誤りを減らすことができます。

またKVMスイッチはビデオ出力の切り替えもできるので場所を取るディスプレイも1台で複数のコンピューターを操作することができ狭いスペースを有効に使用することができます。

一式のコンソールで複数のコンピューターを操作することができるのです。特にデータセンターなどで狭いスペースに複数のコンピューターを収容し操作を行う場合には非常に有効です。

離れたハードウェアも延長ケーブルで楽々接続

KVMスイッチの魅力は複数のコンピューターを1つのコンソールで操作できるだけではありません。様々なところに分散しているいろいろなコンピューターを集中的に意識のコンソールで操作することも可能です。
切替器と延長ケーブルを上手に利用することで、離れた場所にあるハードウェアも1カ所から操作することができます。

最近ではシステムの安全性を考慮しデータセンターにシステムを収容するところも増えていますが、基本的にデータセンターは入室する際に厳しいセキュリティがあるため簡単に出入りすることができない場合がほとんどです。

また遠隔地にあることも多いため移動時間もかかります。
時間を有効に使用し適切に迅速に操作をするためにはKVMスイッチを利用してネットワークなどで接続することで複数の遠隔地のシステムを操作することができるため非常に便利です。

その他にもKVMスイッチは延長ケーブルを利用して離れた場所のコンピューターを操作することができるので様々な使い方が可能となります。

特にIT化された企業においてはシステムのトラブルに迅速に対応することが可能になるため非常に便利なものとなっています。

失敗しないディスプレイとキーボード接続について

KVMスイッチの延長ケーブルの選び方のポイントは?

会社のオフィスなどで複数のPCを設置したいけれどスペースが厳しいという問題がありまし、費用もかかります。

このような問題を解決してくれるのが、KVMスイッチです。KVMスイッチとは、keyboard、video、mouseの略のことで、キーボードとディスプレイ、マウスをセットしてKVMスイッチを経由してケーブルを各ハードウェアに接続すれば、複数台のPCを操作したり制御することが可能で最初からPCに搭載されている場合もあります。

PCの設置スペースと購入費用を削減できるメリットがあります。KVMスイッチを導入する場合に大切なのは、KVMスイッチ本体もそうですが延長ケーブルの選び方も重要です。

まず接続を使用としているキーボードやディスプレイのインターフェースを確認しましょう。

最近はUSBが主流ですが少し前はPS2の場合もありますので気をつけて下さい。次に大切なのはKVMケーブルの種類です。
デジタル方式とアナログ方式の2種類ありますので、KVMスイッチの型式も購入前に確認して下さい。

価格ですが、長さによって若干異なります。およそ4000~10000円が相場です。

ハードウェアからコンソール接続する際の注意点

続いてKVMケーブルをハードウェアからコンソール接続する場合の注意点を幾つか紹介します。

まずは先程も少し紹介しましたが、接続端子の種類を確認し必要ならアダプターを用意しましょう。
接続端子がUSBであってもUSB2.0と3.0では接続できても本来の能力を発揮できない場合もありますので気をつけて下さい。

次にご使用のPCやサーバーとキーボードやディスプレイをどのように接続するか事前にレイアウトをある程度決めておくことが大切です。
この時KVMスイッチに接続できるサーバーの最大数を確認しておきましょう。KVMスイッチによっては数に限りがある場合もあるので注意しましょう。
必要であればKVMスイッチを追加しましょう。

レイアウトが決まれば接続に使用するKVMケーブルの長さを確認しましょう。
中にはKVMスイッチとサーバーとの距離が長い場合もありますので、長めのKVMケーブルを購入しましょう。

今後レイアウトを変更することも想定して余裕のある長さのケーブルを用意することが大切です。
接続が完了すれば実際にキーボードとディスプレイでサーバーと接続して使用できるか確認しましょう。

ポートとサーバーを繋ぐケーブル

サーバを管理しやすい!ネットワーク越しに使えるkvmスイッチ

kvmスイッチには、家庭内で利用する小規模なものだけでなく、企業がネットワーク越しに管理することを目的としたデバイスも存在します。

ネットワークに対応したkvmスイッチを利用すれば、離れた場所に設置されているサーバを、自社からリモートでコントロールすることが可能となります。

リモートコントロールに対応したkvmスイッチには、アナログ式とデジタル式の2種類があり、アナログ式はUTPケーブルでの接続が最大300mまでとなっているため、同じ敷地内など近距離に限られる一方、デジタル式はIPネットワークを利用できることから距離の制限がありません。
このため、インターネット環境が整ってさえいれば、世界中どこからでもサーバの一括管理が可能となります。

接続は、操作する端末をリモート側のLAN内に配置しWAN側へと接続、ターゲット側はkvmスイッチを経由し、各サーバにキーボード、マウス、ディスプレイのケーブルを接続します。
ポート数は製品によって異なりますが、アナログ式と組み合わせることで、接続サーバー数を大幅に増やすことも可能です。

リモート側では、ブラウザかもしくは専用のアプリケーション上で各サーバをコントロールします。
各サーバーの管理は、アナログ式kvmスイッチとの併用も可能です。

kvmスイッチの詳しい解説は、日経のWebサイトでも確認することができます。

管理のことを考えたらkvmスイッチをネットワークに繋ぐケーブルは丈夫なものを!

LANケーブルは、カテゴリによって仕様が異なります。
通信が不安定になると、遠隔地のサーバーに接続できなくなるなどリモートコントロールの意味を成さなくなる可能性もあるため、不具合が無いようkvmスイッチは適切なLANケーブルで接続する必要があります。

カテゴリは一般的に5、5e、6、6A、7が存在し、5は100Mbps、5eと6が1Gbps、6Aと7が10Gbpsの通信速度に対応しています。
最上位クラスのLANケーブルを使用する必要はありませんが、使用している環境にマッチするケーブルは必要です。

信号線には単線タイプとヨリ線タイプがあり、単線タイプは固いため取り回しに注意を要しますが通信は安定します。
一方のヨリ線タイプは、柔らかいため取り回しは楽になりますが通信の安定度では単線タイプに劣るため、可能であれば単線タイプを利用します。

シールド線の有り無しはUTPかSTPかで表示され、5と6はシールドされていないUTP、5eと6A、7はシールド線ありのSTPです。
但し、シールド線の役割はLANの信号が発する内部からの輻射を抑えるためのもので、外部からのノイズには意味がありません。

このため、別途磁性体で覆うなどの処理も重要です。

PS2ポートも対応しているものが良い理由

KVMスイッチはUSBとPS2の両対応がおすすめ

いつの間にか増えているサーバー群を、できるだけ少ない人員で効率的な管理を行いたいと考えている企業は決して少なくありません。

そんな場合に検討したい方法として挙げられるのが、サーバーをリモートで管理できる手段です。そうした手段の代表例が、KVMスイッチを利用する方法です。

しかし、一口にKVMスイッチと言っても、短距離や中距離のサポートに最適なアナログタイプもあれば、ネットワークをケーブルで繋ぐことによって長距離でのサポートを可能にするデジタルタイプなどがあります。
さらに、既にあるアナログタイプをLANあるいはWAN、インターネット経由でアクセスができるモデルなど、実に様々な種類があります。

一般的に、切替えたいCPUあるいはサーバー数や、使用中のプラットフォーム、使用しているパソコン画面の解像度などによってモデルが異なりますので、どういったシーンで活用したいのかを明確にして選んだ方が無難です。

KVMスイッチでおすすめなのは、USBとPS2の両方に対応しているタイプです。

このタイプを利用すれば、PS2およびUSBのインターフェース両方を使用できますから、利用できる周辺機器もその分だけ多くなるというメリットがあります。

マウスとキーボドを接続して快適にKVMスイッチで切り替え

キーボードとマウス、ディスプレイはそれぞれ1台ずつ揃えて、使用したいパソコンの本体を指一本で切り替えて選んで使うことを可能にするのが、KVMスイッチです。

マウスとキーボードをそれぞれに接続しておくことで、KVMスイッチで快適切り替えできるので、使い勝手が向上します。

通常、パソコンを操作する際にはたいていキーボードおよびマウスに手を置いて使うので、手切り替える方法として気軽に行えるのがキーボードでの切り替えです。
決まったキーを打つと切り替わる「ホットキー」と呼ばれる機能のことです。

ちなみに、KVMスイッチのキーボード上での切り替え方法には、特定のキーを2度押しする方法を採用しているものなど、そのスイッチによって色々なタイプがありますので、スイッチに応じた操作方法を実行していくことになります。

最もシンプルな方法としては、ファンクションキーと何かのキーを同時に押すといった方法ですが、この際には押す度に切り替わるものもあれば、押すと選択肢がいくつか表示されて、マウスやカーソルを使って選択するというタイプもありますので、その操作方法を覚えるだけで簡単に切り替えられます。

低コストで利用可能

SMB向けKVMスイッチ製品のランニングコストはどれくらい?

prtimesから中小企業向け用途に、KVMoverIP対応のKVMスイッチが登場したというアナウンスがありました。この製品には、USBポートやイーサネットポートが備えられており、ローカル接続に加えて、イーサネットケーブルでのネットワーク接続にも対応しています。このKVMスイッチの管理は初心者でも分かりやすいよう、工夫が凝らされている所に特徴があり、Webブラウザーを介してマウス操作やショートカットキーにより、全てのポートに繋がれたサーバーにアクセスが可能です。この事は、担当スタッフがサーバールームに、わざわざ足を運んで作業をするというコストを削減する事に繋がります。勿論サーバールームに赴き、コンソール画面からのオペレーションも可能です。しかしサーバールームが遠隔地にあっても、KVMoverIP機能によりインターネットアクセス出来、BIOSレベルの不具合の確認も可能ですから、サーバールームまで出掛ける必要性は削減出来るでしょう。
また、KVMスイッチ自体のランニングコストは、ハードウェアの故障を除けば、電気代くらいです。しかし、全サーバーに用意するはずであった、ディスプレイに利用される電気代・専任スタッフを雇用した際の人件費、担当スタッフの作業コスト等が削減出来た事はメリットと言えるでしょう。

KVMスイッチをサーバ越しにリモート操作するための設定は?

まずKVMスイッチ自身に、IPアドレス等のネットワーク情報を登録します。そして、KVMスイッチがクライアントPCに接続されている事が確認出来たら、KVMスイッチの電源をONにしましょう。KVMスイッチを設定する為には、printscreen等の特殊キーを押すとダイアログが表示され、設定が出来るという訳です。ネットワーク関係の設定を行う時には、どの様に設計するのかを考慮して、クライアントPCやサーバーのネットワーク設定を行います。これでKVMスイッチの設定は、完了です。
もしクライアントPCとKVMスイッチの間にファイヤーウォールがある場合は、TCPの443番等のポートは通過出来る様にしておきます。また、対象サーバに対するマウス・キーボードのKVMセッションデーターを伝播する為のポートや、画像データーを伝播させる為のポートで利用するポートも併せて、開けておきましょう。
実際の利用方法はWebブラウザーを起動して、httpやhttps等を利用して、先に設定したKVMスイッチにアクセスすれば、個々のサーバーにアクセス出来ます。すると、さも対象サーバーのコンソールを見ているかのように、クライアントPCの画面に表示されます。

ipネットワークで利用する

サーバ越しにKVMスイッチを操作するには? IPによる接続可能なKVMスイッチ

IPネットワークを経由してKVMスイッチを操作するためには、リモートでサーバーにアクセスしそのサーバーからKVMスイッチを操作する方法が一般的です。この際にはサーバーとKVMスイッチをIPネットワークで接続し、さらにサーバーに対しリモートコンソールを接続する形になります。
この場合にはKVMスイッチはサーバー経由で操作されるためサーバー自身が起動していなければならない事や、サーバーとリモートコンソールが接続されていないと操作できないというデメリットがあります。
しかし最近ではKVMoverIPといわれるプロトコルを実装したKVMスイッチも広く利用されています。これはキーボードやマウスといったコンソールの信号をIPネットワーク上で送信する仕組みで、直接KVMスイッチをIPネットワークに接続できる点が大きなメリットになっています。この場合にはサーバーを経由せずに直接リモートコンソールで操作できることや、場合によっては電源ユニットを連携することで電源のオンオフまでリモートで操作できるといったものも存在しています。その為、これらを使用することで従来はシステム起動を現場で行わなければならなかった点を解消することが出来、効率的なシステム管理が可能になっています。

KVMスイッチをリモートで操作する!ポート接続はどうするの?

KVMスイッチをリモートで操作する際に注意しなければならないのがポート接続の方法です。複数台のサーバーを管理する際にはどのポートに接続するのかで管理効率や操作効率が大きく変わってくるので注意が必要になります。特に多くのシステムを同時に操作する必要がある場合には、ポート接続を意識して行わないと大きな問題を引き起こすことにもなりかねません。
一般的には最も操作の頻度が多いシステムを1番のポートに接続する事が多いものです。そこから順番に操作の頻度が高い順に割り振ると実際の操作の際に切り替える手間が少なくなります。
また、データセンタで利用する場合にはケーブルの制約も有る為、そのケーブルの引き回しを考慮してポートを選ぶ場合もあります。現地にPCが有る場合にはそのPC用のポートを開けておくことも重要です。
また、最近では仮想インタフェースを持ったKVMスイッチも存在します。これはリモート操作を行うPCに
USBメモリやハードディスクなどを装着することで仮想的にサーバーに接続されているように見えるためバックアップやファイル管理が容易になる方法です。この際には対象のポートが限定されることも有るので、KVMスイッチの機能を熟知してポートを選ぶことが大切です。

モニタによって選ぶKVMスイッチ

DVI対応のKVMスイッチを購入する際のポイントとは?

DVI対応のKVMスイッチを購入する際には、DVI入力端子が切替器に装備されているのかどうかを確認します。映像入力端子は、現在主流のHDMIやディスプレイポートの他に、DVIやD-Subといった格安ディスプレイや古いディスプレイの定番となっている物もあります。
DVI出力端子を持っているディスプレイは多く、D-Subのようにアナログ出力ではなく、デジタル出力ですので新しく購入しなくても、既にあるディスプレイを活用する事でコストダウンを図る事も出来ます。HDMIやディスプレイポートを搭載してディスプレイを購入するまでの繋ぎとしても利用する事が可能です。KVMスイッチのポートには、キーボードやマウス、オーディオ機器をUSBケーブルで接続するようになっていたり、ディスプレイを接続するようになっていたりします。DVI対応のKVMスイッチを購入する際には、DVI入力端子が備わっている事が重要なポイントとなります。
このタイプのKVMスイッチには、スピーカー端子が備わっていますのでスピーカーの共有も行えます。スピーカーを接続する予定があるのであれば、スピーカー付きのKVMスイッチを選択するのも良いでしょう。また、価格で比較して製品を選ぶ事で初期コストを抑えられます。

DVI対応のUSBケーブルKVMスイッチの値段は?

DVI対応のUSBケーブル接続のKVMスイッチの価格は、6千円から3万円のレンジで販売されています。価格が安い物はケーブルで構成されていたり、ボックス型でも接続出来るUSBポートが少なかったりします。高価なモデルは、接続出来るUSBポートの数が多く、パソコンからのUSB経由による電源供給ではなく、独立したAC電源を使って安定稼働させる事ができ、共有したいUSB機器が多いのであれば、このような製品を選ぶ事で用途に合ったシステム構築を行えます。
より安く切替器を購入したいのであれば、価格比較サイトなどから情報を得て、同じ製品が店舗によって、どれだけ価格差があるのかを調べ、安く販売している店舗で購入するのが良いです。初期コストを抑えるには、構築したいシステム構成において、KVMスイッチにどれだけの周辺機器とパソコンやサーバを接続したいのかをまず考えておき、その用途に合ったKVMスイッチを選ぶ事で、KVMスイッチにかかるコストを最小限度に抑える事が出来ます。数万円のKVMスイッチほど安定した稼動が出来るように設計されていますので、ユーザーの目的において安定度を重視するのであれば、AC電源付きのKVMスイッチを選んだ方がニーズに応えられます。