KVMスイッチはUSBとPS2の両対応がおすすめ

いつの間にか増えているサーバー群を、できるだけ少ない人員で効率的な管理を行いたいと考えている企業は決して少なくありません。

そんな場合に検討したい方法として挙げられるのが、サーバーをリモートで管理できる手段です。そうした手段の代表例が、KVMスイッチを利用する方法です。

しかし、一口にKVMスイッチと言っても、短距離や中距離のサポートに最適なアナログタイプもあれば、ネットワークをケーブルで繋ぐことによって長距離でのサポートを可能にするデジタルタイプなどがあります。
さらに、既にあるアナログタイプをLANあるいはWAN、インターネット経由でアクセスができるモデルなど、実に様々な種類があります。

一般的に、切替えたいCPUあるいはサーバー数や、使用中のプラットフォーム、使用しているパソコン画面の解像度などによってモデルが異なりますので、どういったシーンで活用したいのかを明確にして選んだ方が無難です。

KVMスイッチでおすすめなのは、USBとPS2の両方に対応しているタイプです。

このタイプを利用すれば、PS2およびUSBのインターフェース両方を使用できますから、利用できる周辺機器もその分だけ多くなるというメリットがあります。

マウスとキーボドを接続して快適にKVMスイッチで切り替え

キーボードとマウス、ディスプレイはそれぞれ1台ずつ揃えて、使用したいパソコンの本体を指一本で切り替えて選んで使うことを可能にするのが、KVMスイッチです。

マウスとキーボードをそれぞれに接続しておくことで、KVMスイッチで快適切り替えできるので、使い勝手が向上します。

通常、パソコンを操作する際にはたいていキーボードおよびマウスに手を置いて使うので、手切り替える方法として気軽に行えるのがキーボードでの切り替えです。
決まったキーを打つと切り替わる「ホットキー」と呼ばれる機能のことです。

ちなみに、KVMスイッチのキーボード上での切り替え方法には、特定のキーを2度押しする方法を採用しているものなど、そのスイッチによって色々なタイプがありますので、スイッチに応じた操作方法を実行していくことになります。

最もシンプルな方法としては、ファンクションキーと何かのキーを同時に押すといった方法ですが、この際には押す度に切り替わるものもあれば、押すと選択肢がいくつか表示されて、マウスやカーソルを使って選択するというタイプもありますので、その操作方法を覚えるだけで簡単に切り替えられます。

低コストで利用可能

SMB向けKVMスイッチ製品のランニングコストはどれくらい?

prtimesから中小企業向け用途に、KVMoverIP対応のKVMスイッチが登場したというアナウンスがありました。この製品には、USBポートやイーサネットポートが備えられており、ローカル接続に加えて、イーサネットケーブルでのネットワーク接続にも対応しています。このKVMスイッチの管理は初心者でも分かりやすいよう、工夫が凝らされている所に特徴があり、Webブラウザーを介してマウス操作やショートカットキーにより、全てのポートに繋がれたサーバーにアクセスが可能です。この事は、担当スタッフがサーバールームに、わざわざ足を運んで作業をするというコストを削減する事に繋がります。勿論サーバールームに赴き、コンソール画面からのオペレーションも可能です。しかしサーバールームが遠隔地にあっても、KVMoverIP機能によりインターネットアクセス出来、BIOSレベルの不具合の確認も可能ですから、サーバールームまで出掛ける必要性は削減出来るでしょう。
また、KVMスイッチ自体のランニングコストは、ハードウェアの故障を除けば、電気代くらいです。しかし、全サーバーに用意するはずであった、ディスプレイに利用される電気代・専任スタッフを雇用した際の人件費、担当スタッフの作業コスト等が削減出来た事はメリットと言えるでしょう。

KVMスイッチをサーバ越しにリモート操作するための設定は?

まずKVMスイッチ自身に、IPアドレス等のネットワーク情報を登録します。そして、KVMスイッチがクライアントPCに接続されている事が確認出来たら、KVMスイッチの電源をONにしましょう。KVMスイッチを設定する為には、printscreen等の特殊キーを押すとダイアログが表示され、設定が出来るという訳です。ネットワーク関係の設定を行う時には、どの様に設計するのかを考慮して、クライアントPCやサーバーのネットワーク設定を行います。これでKVMスイッチの設定は、完了です。
もしクライアントPCとKVMスイッチの間にファイヤーウォールがある場合は、TCPの443番等のポートは通過出来る様にしておきます。また、対象サーバに対するマウス・キーボードのKVMセッションデーターを伝播する為のポートや、画像データーを伝播させる為のポートで利用するポートも併せて、開けておきましょう。
実際の利用方法はWebブラウザーを起動して、httpやhttps等を利用して、先に設定したKVMスイッチにアクセスすれば、個々のサーバーにアクセス出来ます。すると、さも対象サーバーのコンソールを見ているかのように、クライアントPCの画面に表示されます。

ipネットワークで利用する

サーバ越しにKVMスイッチを操作するには? IPによる接続可能なKVMスイッチ

IPネットワークを経由してKVMスイッチを操作するためには、リモートでサーバーにアクセスしそのサーバーからKVMスイッチを操作する方法が一般的です。この際にはサーバーとKVMスイッチをIPネットワークで接続し、さらにサーバーに対しリモートコンソールを接続する形になります。
この場合にはKVMスイッチはサーバー経由で操作されるためサーバー自身が起動していなければならない事や、サーバーとリモートコンソールが接続されていないと操作できないというデメリットがあります。
しかし最近ではKVMoverIPといわれるプロトコルを実装したKVMスイッチも広く利用されています。これはキーボードやマウスといったコンソールの信号をIPネットワーク上で送信する仕組みで、直接KVMスイッチをIPネットワークに接続できる点が大きなメリットになっています。この場合にはサーバーを経由せずに直接リモートコンソールで操作できることや、場合によっては電源ユニットを連携することで電源のオンオフまでリモートで操作できるといったものも存在しています。その為、これらを使用することで従来はシステム起動を現場で行わなければならなかった点を解消することが出来、効率的なシステム管理が可能になっています。

KVMスイッチをリモートで操作する!ポート接続はどうするの?

KVMスイッチをリモートで操作する際に注意しなければならないのがポート接続の方法です。複数台のサーバーを管理する際にはどのポートに接続するのかで管理効率や操作効率が大きく変わってくるので注意が必要になります。特に多くのシステムを同時に操作する必要がある場合には、ポート接続を意識して行わないと大きな問題を引き起こすことにもなりかねません。
一般的には最も操作の頻度が多いシステムを1番のポートに接続する事が多いものです。そこから順番に操作の頻度が高い順に割り振ると実際の操作の際に切り替える手間が少なくなります。
また、データセンタで利用する場合にはケーブルの制約も有る為、そのケーブルの引き回しを考慮してポートを選ぶ場合もあります。現地にPCが有る場合にはそのPC用のポートを開けておくことも重要です。
また、最近では仮想インタフェースを持ったKVMスイッチも存在します。これはリモート操作を行うPCに
USBメモリやハードディスクなどを装着することで仮想的にサーバーに接続されているように見えるためバックアップやファイル管理が容易になる方法です。この際には対象のポートが限定されることも有るので、KVMスイッチの機能を熟知してポートを選ぶことが大切です。

モニタによって選ぶKVMスイッチ

DVI対応のKVMスイッチを購入する際のポイントとは?

DVI対応のKVMスイッチを購入する際には、DVI入力端子が切替器に装備されているのかどうかを確認します。映像入力端子は、現在主流のHDMIやディスプレイポートの他に、DVIやD-Subといった格安ディスプレイや古いディスプレイの定番となっている物もあります。
DVI出力端子を持っているディスプレイは多く、D-Subのようにアナログ出力ではなく、デジタル出力ですので新しく購入しなくても、既にあるディスプレイを活用する事でコストダウンを図る事も出来ます。HDMIやディスプレイポートを搭載してディスプレイを購入するまでの繋ぎとしても利用する事が可能です。KVMスイッチのポートには、キーボードやマウス、オーディオ機器をUSBケーブルで接続するようになっていたり、ディスプレイを接続するようになっていたりします。DVI対応のKVMスイッチを購入する際には、DVI入力端子が備わっている事が重要なポイントとなります。
このタイプのKVMスイッチには、スピーカー端子が備わっていますのでスピーカーの共有も行えます。スピーカーを接続する予定があるのであれば、スピーカー付きのKVMスイッチを選択するのも良いでしょう。また、価格で比較して製品を選ぶ事で初期コストを抑えられます。

DVI対応のUSBケーブルKVMスイッチの値段は?

DVI対応のUSBケーブル接続のKVMスイッチの価格は、6千円から3万円のレンジで販売されています。価格が安い物はケーブルで構成されていたり、ボックス型でも接続出来るUSBポートが少なかったりします。高価なモデルは、接続出来るUSBポートの数が多く、パソコンからのUSB経由による電源供給ではなく、独立したAC電源を使って安定稼働させる事ができ、共有したいUSB機器が多いのであれば、このような製品を選ぶ事で用途に合ったシステム構築を行えます。
より安く切替器を購入したいのであれば、価格比較サイトなどから情報を得て、同じ製品が店舗によって、どれだけ価格差があるのかを調べ、安く販売している店舗で購入するのが良いです。初期コストを抑えるには、構築したいシステム構成において、KVMスイッチにどれだけの周辺機器とパソコンやサーバを接続したいのかをまず考えておき、その用途に合ったKVMスイッチを選ぶ事で、KVMスイッチにかかるコストを最小限度に抑える事が出来ます。数万円のKVMスイッチほど安定した稼動が出来るように設計されていますので、ユーザーの目的において安定度を重視するのであれば、AC電源付きのKVMスイッチを選んだ方がニーズに応えられます。

リモート操作環境の構築

KVMスイッチをサーバ越しにリモート操作するには

KVMスイッチをサーバ越しにリモート操作していくには、コンソールやUSB接続機器、複数台のサーバーをKVMスイッチの各ポートに接続し、サーバールームの外にある管理者用のパソコンとKVMスイッチをL2スイッチで繋げる事で実現します。KVMスイッチは、KVM over IPという物を利用するのが適切です。安定した稼動を目指すのであれば、電源付きのKVM over IPを導入するのが良いでしょう。
KVM over IPを使って、リモート操作が可能になる環境を構築する事で、サーバールームを第三者が入る事が出来ないセキュアなシステム環境にする事ができ、サーバーの台数分だけケーブルをポートに繋げていく事で、KVMスイッチに接続されたコンソールなどを共有する事が出来ます。
このようなシステム作りを行う事で、大量のデータ処理を行う複数のサーバーを管理者だけで効率的に管理を行え、セキュリティ性が高いシステム作りを行えますので、業務活動に必要なコンピューティングを強力にサポートします。リモートデスクトップとは違って、KVM over IPは専用のソフトウェアを必要とせず、ハードウェアだけでリモート環境を作り上げる事が出来ますので、リモートデスクトップよりも安定した動作が期待出来ます。

KVMスイッチをリモートで操作する場合の管理について

KVMスイッチをリモートで操作し、システムの管理を行っていくには、IP経由でKVMスイッチを使った操作を確立する必要があります。KVM over IPは、その名の通り、マウスやキーボードを操作した時の動きをデータに変換して、IPネットワークを経由してサーバーに送信し、そのデータを信号に戻して伝えるという仕組みをサポートしてくれます。
KVMスイッチを使った複数台のサーバーのリモート操作を行う際には、KVMスイッチに複数台のサーバーを専用のケーブルで専用のポートに適切に接続しなければいけません。しかし、リモートデスクトップと比較して、管理する端末の数を安定的に増やしやすいというメリットがありますので、大量のデータ処理を行うデータセンターのような仕組みを構築する方法としては、KVMスイッチを使ったリモート管理は適切です。
セキュアなリモート管理ツールとして、KVM over IPは広く企業に採用されており、KVMスイッチを導入する事で、サーバーと操作端末を完全に切り離して、セキュリティ性能を向上させていく事が可能です。近年では、顧客の情報をサーバーで管理する企業がほとんどですので、情報漏えいを防ぐ為にも、KVMスイッチを使ったリモート管理は効果的です。

WEB対応型KVMスイッチ

仮想化支援機構に対応しているで仮想環境を構築する

コスト面等の意味から、今ではサーバー構築は仮想環境構築という選択肢が出来ました。そして、ホストOSにLinuxを採用するとKVMが使えますが、その為にはマシン自体が特定の仮想化技術に対応している必要があります。
さて、KVMの仮想環境を構築するには、まず仮想環境ソフトはKVM・仮想マシン管理ソフトを導入しましょう。仮想マシン管理ソフトはウィザード式で、画面に示される設定が終了したら、進むをクリックすると次の設定項目に移ります。
仮想マシンの名称とメディアを決定し進むと、作成ゲストOSの種類やバージョンを設定画面になる為、適切に設定します。更に進むボタンをクリックすると、利用メモリーとCPU数の場面になるので、仮想マシン等にどれ位割り振るか等を考慮し決定しましょう。進むボタンをクリックすると、仮想マシン用のストレージを有効化の有無を決め、ストレージとして割り当てる領域を決めます。またストレージ全体が対象であれば、チェックを入れておきましょう。
次に進むと、これ迄の設定の確認をして、仮想ネットワークの方法の指定をします。デフォルトはNATで定義されています。この設定では、ゲストOSが1つならホストOSのNICを通じて、インターネット等の外部ネットワークへのアクセスを念頭に置いた構成になります。更に固定MACアドレスでの管理なら、MACアドレスの記述が必要です。そして、Virtタイプやアーキテクチャの設定で作業は完了です。

KVMスイッチでのネットワーク越しにサーバを操作するには

lt企業やデーターセンター等にあるサーバーシステム等の監視や、メンテナンスを行う場合には、基本的にサーバールームに赴き、作業を行うというのが一般的でしょう。
この様な部屋にはラックが並べられており、そのラックそれぞれに沢山のサーバー等のIT機器が詰め込まれています。ですから、全てのサーバー用にモニターを用意するのは、コスト面等から敬遠される傾向にある訳です。
そこで一台のキーボード・マウス、モニターを利用し、チャンネルを切り替える様に考えられたKVMスイッチを導入しているケースは、データーセンター等で見られる風景です。しかし、問題もあります。それは、サーバーをリブートしたけれどもBIOSレベルで問題がある場合、速やかな問題解決は出来ないでしょう。
そこで、前述した様な問題を解決する為に考え出されたKVMスイッチが、KVMoverIPスイッチです。KVMスイッチ本体はTCP/IPでの通信可能な製品で、レイヤ2スイッチとサーバー間に入るイメージで設置が可能です。また管理者用パソコン等に、特別なクライアントソフトを必要としない事も、メリットの一つと言えるでしょう。ではどの様にアクセスするのかと言えば、クライアントのWEBブラウザーを利用します。またKVMoverIPスイッチは、OS起動より前に起こり得るBIOS等の画面を、リモートから確認可能な機能を備えています。